外国語学習のアドバイス

ロシア語を学ぶために

柳沢 民雄(国際言語文化研究科)、イゴリ サヴェリエフ(国際開発研究科)

I.はじめに

 大学生になったことを実感することの一つに新しい外国語を学ぶことがあるのではないでしょうか。新鮮なこの思いも時が経つにつれて次第に重荷になる人が多いようですが、そうならないためにもここは腰を落ち着けてじっくりと語学を学んで行くことが必要です。どの語学もそうですが、ロシア語をこれから学ぶにも先を急がずに、一歩一歩少しずつでも良いですから休まずに学んでいくことが必要です。以下ではロシア語を学ぶ際に必要となる辞書や参考書について書いてみましょう。

II. 辞書編

 語学を学ぶには辞書が必要なことは勿論ですが、最初は必ずしも必要ではありません。ロシア語は語形が複雑に変化しますので、語の形を辞書で引いてもそのままの形では辞書に出ていないことが多いのです。初学者はこれで嫌になるかも知れません。従って、文法が少し分かりかけた段階で辞書を使えばよいでしょう。それまでは自分で簡単な単語帳を作っておけばよいのです。その方が本当の勉強になります。さて、次の段階で辞書を使うとして、どんな辞書を使えばよいでしょうか。
 現在の日本でのロシア語の辞書のレベルはかなり高いと言えます。この十数年の間に大きなロシア語辞典が出版され、そのどちらも学問的に立派な辞典です。また語彙の数もかなりなものですので、ロシア語の学習者は恵まれた環境にあるといえます。次の辞書がそれに当たります。

  1. 研究社露和辞典」(研究社)
     この辞典は語彙数26万語と我が国最大の辞書です(2764頁)。語彙数だけでなく文法事項や例文・用例、慣用的表現などが豊富に載せられており、これ一冊あれば他のロシア語の辞典は必要ないほどのものです。また語彙数の多さから、理工系の専門分野の語彙も豊富に載っています。またこの辞書の優れたところの一つとして、基本語の語法が載せてあることです。普通の文法書では見られない、有益な語法解説があります。この辞書は量と質に関して我が国(あるいは世界でも)最高のもので、我が国のロシア語研究の水準の高さを実感させるものがあります。しかしこれからロシア語を学び始める初級者にはやや高級すぎるかも知れません。英語を初めて学ぶ中学生が研究社の『新英和大辞典』を使うことを想像すれば、この感じが分かるでしょう。初級からこのような大辞典を使ってしゃにむに語学をやるという学生には向いているでしょうが。

  2. 岩波ロシア語辞典」(岩波書店)
     この辞典は前記の辞典より語彙数は少なく、13万語ぐらいのものです(2295頁)。しかし研究社の辞典より後に出版されたこともあり(ソ連邦の崩壊の後です)、比較的新しい語彙が載っています。また研究社の辞書とほぼ同じ大きさにも拘わらず、語数が少ないだけに辞書が見やすくなっています。勿論、文法的な項目や例文等もしっかりしていますし、何よりも全体的に洗練されています。語彙数の点でもかなりなレベルのロシア語を読むにも不足はないようです。編者の語彙の選択がしっかりしているからでしょう。この辞典は英語では少し大きめの中級辞典、例えば研究社の「ルミナス英和辞典」くらいに相当するでしょうか。

     上の(1)(2)の辞典はどれも一生涯使える辞典ですので、これを購入して間違いはありません。
     さて高級な辞典の話が続きましたが、毎年の授業で学生の皆さんが上で述べた大きな辞典を四苦八苦しながら基本的な単語を調べているのを見ると、あまり高級な辞書を良い辞書だからといって推薦するのは学生の皆さんのためにはならないと思うことがよくあります。初級者にも引きやすく、しかも学問的にもしっかりした辞書をこそ初級者は使うべきだと思うからです。そのような要望に添うのは下の(3)の辞書です。

  3. 博友社ロシア語辞典」(博友社)
     この辞書は改訂版が出て新しくなりました。辞書の語彙数は6万語ぐらいです。この数は初級・中級者に丁度良い語彙数ですし、例文も初級の人にはわかりやすいものです。また簡単な和露語彙集が付いていますし、各単語に発音記号が表記されています(発音記号は研究社や岩波の辞書には載っていません。ロシア語は基本的に文字と発音が対応するので、発音記号は必要ないからです。発音が文字によっては類推できない場合には、上の(1)と(2)の辞典では発音を記しています)。この辞書は大きさが丁度良く、大学に持ってくるのにも問題はないでしょう。この博友社の辞書を使い込んでいく内にこれでは物足りなくなったと思ったならば、(1)(2)、あるいは(4)の辞書を購入したら良いと思います。そのときには(1)の辞書も使いこなせる実力を持っていることでしょう。英語の辞典では「ライトハウス英和辞典」や「アンカー英和辞典」くらいに当たります。

  4. コンサイス露和辞典」(三省堂)
     最近新しい版になりました。コンパクトな中に非常に多くの情報を収めています。コンピューター関連の新語をはじめとして、現代のロシア社会を映す新語が多く載っています。今まで不完了体を中心に見出し語としていた動詞の記載方式を研究社や岩波の辞書と同じ方式に変えたようです(なお博友社の辞書は不完了体動詞を中心とする見出し方式をとっています)。さらにこの辞書には語源の項目があります。ロシア語がかなりできる人が携帯するタイプの辞書です。

  5. パスポート初級露和辞典」(白水社)
     これは学習辞典です。語彙数は7千語です。大きな特色は各単語にカタカナの発音と重要単語には文法解説が記されていますし、また二色刷りになっていて見やすいところでしょうか。初級者用の辞書ですので、これだけでは語彙が1年生の後半では不足するかも知れません。従って(1)(2)(3)のどれかの辞書が必要になるでしょう。語学が苦手な学生はこれを先ずは購入したほうがよいかも知れません。

     以上の辞書の中から自分に合ったものを選んで使ってください。ロシア語辞典は高価なものですから、以上の内の一つを購入すれば良いでしょう。勿論、辞書は他の本に比べると決して高いとは言えません。経済的に余裕があれば複数購入して辞書の違いを見ることも楽しいことです。この他に次の辞典もあります。

  6. ロシア語ミニ辞典」(白水社)
     ハンディな2万語弱の語彙を納めた露和と和露が一緒になった辞書です。各単語にカタカナの発音が表記されています。これには例文がありません。旅行等の目的で持っていくには便利な辞書です。

    和露辞典は当面必要ありませんが、推薦できるものを二点挙げておきましょう。

  7. 研究社和露辞典」(研究社)
     最近出版された辞書です。編者の藤沼貴先生は高名なロシア文学者の方で、日本語を分析しながらいかに日本語をロシア語にするかを考えた労作です。先生はお一人でこの辞典を編纂されたのですが、この辞書を編集したときは常にロシアに滞在して、生のロシア語の環境にいたということをお聞きしました。

  8. コンサイス和露辞典」(三省堂)
     最近新しい版が出た和露辞典です。上記のコンサイス露和辞書とペアになっています。携帯に便利で使いやすいものです。

III. 参考書・学習書

参考書は初歩のロシア語に関してはたくさんありますので、ここでは推薦できるものを若干挙げておきましょう。


  1. 必携ロシア語変化総まとめ」(レシュカ、ベセリー著、白水社)
     著者はチェコの人です。ロシア語の名詞や形容詞、動詞等の変化がまとめてあります。

  2. 現代ロシア語文法」(城田俊著、東洋書店)
     最近、改訂された教科書形式で独習できるようにロシア語文法を一通りまとめた本です(練習問題とその解答も付いています)。ページ数が667頁もありますが、文字が大きいこととスペースを空けた作りになっていますので、内容は頁数ほど詰め込んであるわけではありません。この本の発音の箇所は我が国で出版された入門書の中では最も信頼できます(我が国の多くのロシア語の入門書では音と文字の混同が見られるからです)。

  3. NHKロシア語入門」(佐藤純一著、日本放送出版協会)
     ロシア語の入門書です。テキストと文法説明で1課ごとに進んでいくという作りになっています。洗練されたつくりになっており、授業と平行して使うには使いやすいでしょう。

IV.文法書

ここに挙げた本は書店では手に入らないかも知れませんが、図書館にはあると思います。


  1. テーブル式ロシア語便覧」(和久利誓一著、評論社)
     非常にコンパクトにロシア語文法全体を「テーブル式」に詳細にまとめた本です。この本はソビエト時代に出た『60年アカデミー文法』を基にして、その要点を纏めたものです。半世紀以上前のアカデミー文法を基にしているために、一部の箇所は新しい研究の成果を入れて修正する必要がありますが、我が国で出版された文法書の中で下の(3)の文法書と並んで、学問的に最も信頼できる文法書の一つです。

  2. ロシヤ文法」(八杉貞利、木村彰一著、岩波書店)
     一昔前のロシア語の文法書です。一通り文法を終えた段階でこれを通読するとロシア語文法が体系的な知識として頭に入ります。今では修正すべき箇所も目に付きますが、実用的には今でも使える文法書です。絶版のようですが、図書館にはありますので参考にして下さい。

  3. ロシヤ文法」(シャルル・ジャック・ヴェラン著、矢野通生訳、白水社、文庫クセジュ)
     新書版のクセジュ文庫の一冊です。フランスのスラヴ学のレベルの高さを反映して、ロシア語を言語学的に簡潔に記述した優れた文法書です。この本の本当の良さを理解するためにはかなりのロシア語の力が必要です。新刊では手に入れることはできませんが、恐らく図書館にはあると思います。

V.その他のロシア語関係の本

  1. ロシア語音声概説」(神山孝夫著、研究社)
     やや専門的ですが、ロシア語の発音を音声学的に解説した本です。著者は音声学を専門としており、信頼できるものです。またロシア語のアクセントの変化もまとめられています。

  2. 最新ロシア重要単語2200」(佐藤純一、木島道夫編)
     基本単語の文法情報と例文が載っています。簡単な辞書としても使うことができます。

  3. ラジオロシア語講座」(NHK)
     ご存じのNHKラジオで放送されている講座です。週の前半が初級のロシア語講座を放送しています。テレビの講座もありますがラジオの講座の方が実力はつくかも知れません。

上記コンテンツ内にはフォントの問題で一部文字が適切に表示できない場合がございます。

外部リンク先の都合によりリンク切れが発生している場合があります。

外国語学習のアドバイスTOPへ戻る