外国語学習のアドバイス

スペイン語を学ぶために

水戸 博之(国際言語文化研究科)

スペイン語のすすめ

 スペイン語はスペインをはじめ中南米の多くの国々の公用語です。また英語圏の米国においてもロサンゼルスやマイアミを中心に3,500万以上の人々によって話され、世界のスペイン語人口は4億人と言われています。スペイン語はそれを公用語とする国々の間で貿易や通信に使用されることはもちろん、国際政治の場においても国連公用語の一つとして重要な役割を果たしています。
 スペイン語圏諸国は距離的に遠い世界といった感じがしますが、日本との交流は特にこの数年の間に著しく増大して来ました。政治経済の分野では多くの国家元首が来日し、日本企業も活発に進出しています。文化面でも、例えば音楽では、タンゴやボレロ、マンボ、ルンバをはじめ、いわゆるラテン系ポップスは全世界にファンがいます。また世界的に高い評価を受けているラテンアメリカを中心としたスペイン語圏の現代文学も多数翻訳が出版され、スペイン語圏の映画をDVD・レンタルで捜すことも難しいことではなくなっています。さらにスペイン語を話す日系人を見かけることも珍しくありません。このようにスペイン語の世界は私達にとって身近なものになっています。
 学習者の立場から、スペイン語の優れた点を挙げるとすれば、何といっても明解な発音に代表される言語の明晰さです。このことは、単に日本人にとって発音が易しいということではありません。学ぶ対象が明確であり、何をどこまで学べばよいかが、はっきりしているということです。しかも、私たちが学んだスペイン語は、単に広いばかりでなく非常に多様性に富んだ4億人のスペイン語世界の中の、どこへ行っても理解されます。言語の構造の核となる部分が実にしっかりしているからです。
 外国語の学習には様々な努力が必要ですが、スペイン語は実りある新たな地平を皆さんに開いてくれるでしょう。では教室でお会いしましょう。

I. 辞書編

西和辞典

  1. 『プエルタ新スペイン語辞典』(研究社 2006年 4,700円)
    辞書出版の老舗研究社が、1992年に出版した『新スペイン語辞典』を全面的に改訂し、昨年末に発行したばかりの、最新の西和辞典。見出し語は5000増えて4万2000、ページ数も1900を超えて中辞典に近くなった。最大の特徴は、(1)語彙を重要度に応じて4種類に分け、見出し字の大きさを変えている、(2)重要語には対応する英語が記されている、(3)不規則動詞には分かりやすいマークがついている、などだが、その他にも、重要語には網掛けがされている、発音のカタカナ表記、2色刷りが標準装備になっているなどさまざまな工夫がなされていて、飛躍的に使い勝手のよい辞書になった。
  2. 『クラウン西和辞典』(三省堂 2005年 4,700円)
    辞書作りに豊富な実績をもつ三省堂から発売された待望の西和辞典。見出し語5万2000、成句と用例が合わせて7万2000、総ページ数2000強というボリュームは、西和辞典の中でもトップクラス。2色刷りで、見出し語はすべて淡いワインカラーなのでとても見やすい。重要単語が大きな活字になっていること、不規則動詞の変化形も見出しになっていることなど、初学者への配慮が感じられる。2005年の出版ということで、何より訳語が新しい点が有難い。
  3. 『プログレッシブ スペイン語辞典 第2版』(小学館 2000年 3,500円)
    1994年に出版された辞典の改訂版。見出し語を2万5000語に抑え、そのすべてに発音記号とカナ発音を併記、また重要語3500には対応する英語を表示するなど、対象を実用語としてのスペイン語を求める学習者に絞っている。また2色刷りを採用し、より引きやすい工夫がなされている。巻末には簡単な和西辞典と旅行会話集も添えられていて、なかなか便利な実用辞典になっているが、本格的にスペイン語を学ぼうという向きにはやや物足りない。なお、コンピューター関係の新語がかなり追加されているのも第2版の特徴。
  4. 『現代スペイン語辞典 改訂版』(白水社 1999年 4,000円)
    西和辞典ではパイオニアの白水社が、従来の西和辞典にかわるものとして1990年に出した辞典の全面改訂版。ラテンアメリカで使われている語彙を中心に、見出し語が旧版よりも約1万増えて4万6500となったほか、使用頻度による語義の配列順、類義語説明の採用などさまざまな改善がなされており、2色刷りになったこととも合わせて大幅に使いやすくなった。アットマーク、ロールプレイングゲームなど比較的新しい用語が載っているのも新版ゆえの強み。
  5. 『西和中辞典 第2版』(小学館 2007年 ¥6,600)
    1990年に出版された西和中辞典の改訂版。見出し語8万語で現在刊行されている西和辞典中最多である。改訂に際して、中南米語およびIT関連の新語義が追加された。上級者・実務者の使用にも対応する。なお、新機種の電子辞書にもコンテンツとして搭載されている。
  6. 『スペイン語大辞典』(白水社 2015年 ¥25,000)
    見出語数11万。現在、最大の西和辞典。2015年に創立百周年を迎えた白水社の記念出版事業の一つである。項目と例文が豊富であり全てに訳文が付され、「読む辞典」でもある。規模から言って上級者向けではあるが、スペイン語圏各地域のかなり特殊な語彙や用法もよく収録されていることから、初級修了者であっても特に中南米に関心のある学習者に役立つであろう。

西和・和西・日西英辞典

  1. 『ポケットプログレッシブ西和・和西辞典』(小学館 2003年 2,800円)
    この辞典最大の特色は、16cm×9cmという新書版より小さなサイズに、西和で4万5000語、和西で1万5000語という大容量の語彙数を収めていることである。さらに、最新の辞書である強みは、チャット、メールマガジン、マイレージといった新しいカタカナ語に対応できていることにも現れている。活字が小さいので年配者には使いづらいが、若い人にはさほど問題ないだろう。
  2. 『スペイン語ミニ辞典 改訂版』(白水社 2003年 2,800円)
    西和と和西をかねたハンディな実用辞典(初版刊行は1992年)の最新改訂版。見出し語数は西和が1万5400、和西が4700で旧版とほとんど変わっていないが、データベースで調べた使用頻度に応じて入れ替えがなされている。またジャンル別の図解語彙集として、コンピューター、料理、スポーツ関係の用語やサバイバル会話がついているのも便利だし、見出し語も2色刷りの上大きくて見やすい。
  3. 『デイリー日西英西日英辞典』(三省堂 2005年 2,000円)
    最近スペイン語にも力を入れている三省堂が昨年発売した、わが国初の日西英三カ国語辞典。「日西英」が1万5000項目、「西日英」が6000項目と、ハンディな割に中身は濃い。簡単な三カ国語日常会話集もついており、とくに英語を手がかりにスペイン語を学習しようという人には便利な辞典。

和西辞典

  1. 『和西辞典 改訂版』(白水社 2001年 4,800円)
    初版は1979年と古いが、22年目の2001年に初の全面改訂版が出版され、ようやくIT関連などの現代語にも対応しうる和西辞典となった。見出し語は旧版よりも2600語増えて3万5000。あらゆるスペイン語学習者が気軽に使うことのできる辞典。
  2. 『クラウン和西辞典』(三省堂 2004年 4,500円)
    三省堂から2004年9月に発売された、待望の和西辞典。西和辞典の項で紹介した『クラウン西和辞典』と対を成す。見出し語は3万、用例が7万で、総ページ数も1600ページ近くという充実した内容を誇る。活字がやや大きめなことと、『西和』同様2色刷りで見出し語はすべて淡いワインカラーなので、とても使いやすい印象がある。また、ITや生命科学関連の専門用語にも力が入れられており、理系の学生にも薦められる。

電子辞書等

一冊目の辞書は、やはり上記の「紙」の辞書が望ましいが、電子辞書の普及に伴いスペイン語コンテンツも充実しつつある。購入するからには、ジャンプ機能や複数辞書検索機能等が活用できるよう、使用法に習熟してほしい。

  スペイン語対応の電子辞書は、今のところ次の2種類が発売されている。
  1. 『シャープ電子辞書』
    (生協価格:生協での取扱は2006年度で終了しました)
  2. 『カシオ電子辞書エクスワード
    (生協価格¥33,000+コンテンツカード¥5,980)

スペイン語関係は長らく2社とも、コンテンツは白水社の『現代スペイン語辞典』と『和西辞典』が中心であり、内容に大きな違いはなかったが、最近の機種には、上記の小学館『西和中辞典』(カシオに搭載)をはじめ、西英・英西辞典、その他スペイン語に関する各種実用辞典も搭載されている。購入の際は、使い勝手はもとより、スペイン語がプレインストールかカード方式であるかに加え、コンテンツの種類もよく考えて機種を選択してほしい。

  1. 『iPad&iPhone用アプリ』
    (小学館西和中辞典+ポケプロ和西辞典=2900円,和西辞典=1600円)
    http://www.monokakido.jp/iphone/espanol.html

II. 学習編

授業とはべつに、自分でスペイン語を、とくに会話中心に勉強しようという人には、

  1. 宮本博司著『超入門スペイン語』(大学書林 1994年 2,500円)
    あたりが適当だろう。いずれも別売りのカセットテープがあり、1人で会話の練習ができるようになっている。

まずとにかく文法をしっかり理解しておきたいという人には、

  1. 高橋覚二著『テーブル式基礎スペイン語便覧』(評論社 1993年 2,300円)が便利。

学習したスペイン語の力がどの程度ついたかを知るためには、問題集をやってみるのが一番。そんな要望に応えたのが、従来ありそうでなかった問題集、

  1. 堀田英夫著『スペイン語文法項目別ドリル問題集』(朝日出版社 2003年 900円)

単語がなかなか覚えられないという人には、使用頻度と使用場面別に重要単語が整理され、練習問題までついたテキスト、

  1. GIDE語彙研究班『¡スペ単!-頻度で選んだスペイン語単語集(練習問題つき)』(朝日出版社 2006年 2,200円)。

一通りスペイン語の基礎を学習した後の文法書として、

  1. 西川喬著『わかるスペイン語文法』(同学社 2010年 3,500円)

堅苦しい学習書ではないスペイン語の入門書はないかという人には、

  1. 東谷頴人著『はじめてのスペイン語』(講談社現代新書 1994年 740円)が良い。
    新書版で気軽に読め、しかも基本的な文法や発音についてはきちんと説明がなされている。
  2. 坂東省次著『文化と歴史で学ぶスペイン語』(丸善ライブラリー 2000年 品切)も、スペインの歴史、芸術、文化などのこぼれ話を読みながら発音・文法を身につけようという気楽な語学新書。
  3. 長谷川信弥・山田敏弘『日本語から考えるスペイン語の表現』(白水社 2011年 1,900円)
    スペイン語と日本語との対照に興味のある人向けの一味違う文法書。
  4. 高垣敏博著『おいしいスペイン語』(IBCパブリッシング 2016年 ¥2.052) 
    以前放送されたNHKスペイン語講座を加筆再編集した内容。マドリードやバルセロナの食生活が中心であるが、ラテンアメリカの食についても扱われている。終わりの方で、日本の食卓においてもお馴染みとなっているパエリアを始めとする代表的なスペイン料理4品のレシピが掲載されている。体験的に語学力は飲食と結びつくと飛躍的に向上すると言える。ただし、ワインは20歳になってから。

スペイン語を学ぶ際には、言語を生みだし、その背景を形作っているスペイン語圏の文化や歴史についても、最低限の知識は身につけておいてほしいものである。そうすることによってこそ、語学の習得にも一層の深みが出ようというものである。こうした目的のために最適の事典が2冊、ともに平凡社から出ている。

イベリア半島を対象とした、

  1. 『スペイン・ポルトガルを知る事典 新訂増補版』(平凡社 2001年 品切)と、

ラテンアメリカ全般を取り上げた、

  1. 『ラテンアメリカを知る事典 新版』(平凡社 2013年 ¥7,000)である。
    両方とも百科事典の体裁をとっており、やや専門的な記述もあるが、各地域のスペシャリストが分担して執筆していて、読者それぞれの興味に応じた引き方、読み方ができる。
  2. 『スペイン文化事典』川成・坂東(編)セルバンテス文化センター東京(編集協力)(丸善2011年 20,000円)最新のスペイン文化に関する総合的な事典。各項目が見開き2ページで完結していて読みやすい。巻末の付録に、スペイン・世界・日本対照年表や分野・項目別に編集された「もっと知りたい人のための読書ガイド」などがあり一歩踏み込んだ情報源としても活用できる。
  3. 『スペイン語法律・経済用語辞典』田澤五郎 編著 (郁文堂 2012  12,000円)実務者・上級者向きの辞典であるが、すべて見出し語に英訳が付けられ、必要に応じて独仏訳も加えられている。一般的な対訳辞書では扱われない法律・経済に関する用例が豊富である。

やさしい読み物:スペイン語-日本語対訳本

スペイン語1・2・3・4履修者ならば十分に読みこなせるものとして、以下のものが入手もしやすく扱いやすいであろう。

  1. 『スペイン語で読む やさしいドン・キホーテ』ヘスス・マロト/粕谷てる子(NHK出版 2010年 1,000円)
  2. 『やさしく読めるスペイン語の昔話』松下直弘(NHK出版 2013年 1,000円)続編有り。
  3. 『スペイン語で詠う小倉百人一首』伊藤昌輝 訳注 エレナ・ガジェゴ監修 CD付 (大盛堂 2016年 1,800円)

スペイン語圏における日本文学の研究および翻訳出版の展開は、近年、質量ともに目覚しいものがある。かつては英仏訳からの重訳が大半であったが、現在では、主要な作品に関しては、現代作家のみならずいわゆる古文のカテゴリーに入るものまで、日本語からスペイン語への直訳が刊行されている。訳者は、ベネズエラ大使等を歴任した外交官である。スペイン語圏との文化交流に長年尽力し、他に方丈記のスペイン語訳(大盛堂刊)などがある。


NHKラジオ「まいにちスペイン語」

大学の週2回の授業以外にもスペイン語を学びたいという受講者に推薦する。ここ数年の講座の構成は、半年で完結する基礎編と応用編の2段階あり、基礎編が週の前半(月火水または月―木)応用編は(木金または金)である。学習内容は、かつて1年コースであった時代には大学の授業のように接続法過去まで扱ったが、半年セメスターが基本単位の現在では、入門編では直説法のみ、過去時制も不定過去(点過去)のみのコースもあり、接続法などは応用編で扱われる。担当講師がセメスター毎に交代することから、入門編では授業とはまた違った教授法を通じて基礎学習の復習ができ、応用編では、スペイン語による日本紹介や実務スペイン語に至るまで多様な内容が学習できる。基礎的事項を2セメスターで学習する大学の授業と併用すれば、かなり高度な段階に到達できるであろう。筆者も可能な限り視聴するよう心がけている。なお教育チャンネルETVのコース『テレビでスペイン語』についてであるが、受講対象は、映像とともに生のスペイン語に触れることができることから、とりあえず旅行に備えてという初心者と、現地取材の原音声に触れてみたいという上級者に別れるであろう。その他、NHKの放送では、BS1のワールドニュース月―土の午前8時台(再・午前11時台)に、TVEスペイン国営放送のニュースが約8分主音声日本語・副音声スペイン語で視聴できる(2016年3月現在)。スペイン語世界の情報に手軽にアクセスできる番組である。

III.インターネット編

 インターネットの普及により、書物以外でもスペイン語に関する情報を入手したり、スペイン語の音声を聞き、スペイン語圏の映像を見たりすることが容易に出来るようになった。ここでは、スペイン語の学習のみならず、広くスペイン語圏の文化を知るために有益と思われるウェブサイトを紹介する。なお、音声及び映像による情報をダウンロードするためには、Real PlayerまたはWindows Media Playerのソフトが必要である。

  1. スペインなんでも情報リアルタイム!!  http://www.spainnews.com/
    文字通り、スペインに関する情報なら何でも、しかも日本語で出ているページ。スペイン旅行の安いチケットが欲しい、語学留学するには? サッカー・スペインリーグについて、スペイン料理のレシピなどなど、ごった煮的に満載。
  2. セルバンテス文化センター東京  http://tokio.cervantes.es/jp/default.shtm
    1991年にスペイン政府により設立。スペイン語の振興と教育、そしてスペイン及びスペイン語圏文化の普及を行っている。本部はマドリードおよび作家ミゲル・デ・セルバンテスの生誕地アルカラ・デ・エナーレス(マドリード自治州)に置かれている。
  3. 財)日本スペイン協会  http://www.casa-esp.com/
    スペイン語圏との文化、通商、経済、技術などの相互協力と友好親善を目的とした財団法人。西検(スペイン語技能検定)を主催している。
  4. IPCデジタル  http://es.ipcdigital.com/
    日本在住のスペイン語圏出身者を主な対象としたスペイン語インターネット新聞『インターナショナル・プレス』。日本とラテンアメリカ各国の最近の出来事をスペイン語で読める。
  5. NHK語学番組  http://www.nhk.or.jp/gogaku/spanish/kouza/index.html
    NHK語学放送の前週の番組がオンデマンドで視聴できる。
  6. ゴガクル  http://gogakuru.com/sp/
    NHKエデュケーショナルが運営する。NHK語学番組で放送されたキーフレーズや例文・表現を簡単検索。発音や解説、動画をチェックしたり、自分だけのフレーズ集を作って楽しく学習できる。スペイン料理レシピなどの情報も掲載。
  7. NHK World  http://www3.nhk.or.jp/nhkworld/es/
    NHK国際放送スペイン語ページ。ニュースをオンデマンドで視聴でき、朗読原稿も閲覧できる。その他、スペイン語話者のための「やさしい日本語」のページもある。
  8. Radio y Televisión Española  http://www.rtve.es/
    スペイン国営放送HP。スペイン語によるテレビ・ラジオ番組を主にオンデマンドで受信できる。スペイン国内で用いられている他の公用語、カタルーニャ、ガリシア、バスクの各言語による放送も視聴することができる。
  9. BBC  http://www.bbc.co.uk/mundo/
    英国放送協会World Serviceのスペイン語ページ。言語名がMundoとなっているので注意。
  10. CNN MÉXICO  http://mexico.cnn.com/
    CNN放送のメキシコ版スペイン語ページ。
  11. 王立スペインサッカー連盟  http://www.rfef.es/
    とにかくサッカーが好き、サッカーならスペインという人はこのサイトをぜひ。リーガ・エスパニョーラ(サッカー・スペインリーグ)の公式サイト。ただしスペイン語。FIFAやUEFAともリンクしている。

IV.検定試験

 「西検」として知られるスペイン語技能検定試験は文部科学省の認定を受けており、この試験によって取得した資格は公認スペイン語能力としてあらゆる場で通用する。
西検は1級から6級に分かれており、6級なら1年終了程度で充分受験可能である。財団法人日本スペイン協会の主催で年2回、6月と10月に行なわれる。本学生協南部書籍店で申し込みができるし名古屋でも受験できるので、資格を身につけたい人、また腕だめしがしたいという人でも、気軽に受けてみることをお勧めする。
なお、西検対策用問題集が、
『文部科学省認定 スペイン語技能検定試験問題集』(日本スペイン協会)現在、第9集(各級4回分収録1,785円)が発売されている。
さらに、南雲堂フェニックスや白水社からレベル別の対策問題集が出版されている。

さらに、国際的に通用する資格試験としてDELEがある。
『DELE (Diplomas de Español como Lengua Extranjera)』
スペインの教育・文化・スポーツ省傘下のInstituto Cervantesが運営しており、外国語としてのスペイン語能力を証明するディプロマが発行される。詳細は、上記「セルバンテス文化センター東京」のサイトを参照。

V. その他

旅行会話集は、近年、表現の正確さ実用性ともに著しい向上が見られる。
実物を手に取り、旅行の目的や使いやすさで選んでほしい。広大なスペイン語の世界を国別に編集し、ガイドブックの機能を兼ね備えた特色のあるものとして、
『旅の指さし会話帳12)スペイン・13)キューバ・28)メキシコ・40)アルゼンチン・62)ペルー』(情報センター出版局 1,365円-1,785円)がある。パソコン版・電子書籍版あり。
裏表紙にホワイトボードの機能が付いている。なお、現地ガイドや情報源としての利便性を図るため各国の事情に精通した筆者が執筆し国別に刊行されているが、地域によってスペイン語が大きく異なることはない。
 また、このシリーズには日本での旅行や生活についてのスペイン語会話集も出版されている。日本人のスペイン語学習者にとっても参考になる。
谷本雅世・西村秀人『旅の指さし会話帳69)JAPANスペイン語版』(2006年 1,575円)。
 これらは、必ずしも系統だったスペイン語の学習をしていなくとも、使用できるよう工夫されているが、しっかり基礎文法を学んで使えば、相当高度なコミュニケーションの手助けになる。

外国語学習のアドバイスTOPへ戻る