組合員の皆様へ
学生総合共済・火災共済の給付実績

バックナンバー一覧

2017年度5月末時点での加入者総数は次の通りでした。

<加入状況> ※2017年5月31日

生命共済

2017年加入者数:8,980人

火災共済

2017年加入者数:4,713人

2017年5月の給付状況は次の通りでした。

単位:円

共済事由 件数 金額
病気入院 13 840,000
病気手術 4 200,000
事故入院 2 110,000
事故手術 2 100,000
事故通院・固定具使用 30 946,000
後遺障害 0 0
死亡 0 0
本人病気事故計 51 2,196,000
扶養者事故死亡(第1回) 0 0
扶養者事故死亡(第2回以降) 0 0
父母扶養者死亡 2 400,000
父母扶養者死亡・
扶養者事故死亡計
2 400,000
火災 0 0
臨時費用見舞金 0 0
借家人賠償 0 0
盗難(盗難自転車以外) 0 0
盗難自転車 0 0
火災事故計 0 0
合計 53 2,596,000

2017年4月~2017年5月累計

単位:円

共済事由 件数 金額
病気入院 30 1,840,000
病気手術 13 650,000
事故入院 4 190,000
事故手術 4 200,000
事故通院・固定具使用 57 1,878,000
後遺障害 1 240,000
死亡 0 0
本人病気事故計 109 4,998,000
扶養者事故死亡(第1回) 0 0
扶養者事故死亡(第2回以降) 0 0
父母扶養者死亡 3 600,000
父母扶養者死亡・
扶養者事故死亡計
3 600,000
火災 0 0
臨時費用見舞金 0 0
借家人賠償 0 0
盗難(盗難自転車以外) 0 0
盗難自転車 1 25,000
火災事故計 1 25,000
合計 113 5,623,000

今月の名大生の給付事例から…

疲労の蓄積によって体力が落ちているところに、季節の変わり目が重なり、ウイルス性の感染症にかかったり、元々弱かった部分が炎症になったりという事例がありました。疲労の原因は春休み中のアルバイト、サークル活動、卒論、海外からの帰国などです。
疲れがたまっているときは休息することが必要ですが、わかっていても無理をしてしまうんですね。
若くてもみなさん気をつけましょう。

バックナンバー一覧

学生総合共済 へ戻る