ニュース&トピックス

2月売上ランキング|Booksフロンテ|ニュース|Booksフロンテ

フロンテ人気理工書売上ランキング!

【2月】フロンテ 理工書売上ランキング
フロンテ理工書人気ランキングを毎月ご紹介します。
 
【総合ランキング】

『南海トラフ地震』山岡耕春著(名古屋大学環境学研究科教授)岩波書店 本体価格:780円

南海トラフ地震.それは,日本列島の宿命ともいえる地震だ.マグニチュード8~9クラス.今後三〇年以内の発生確率が約七〇パーセント.日本の経 済と社会の中枢を直撃する巨大地震は,ひとたび起これば未曽有の大災害をもたらす可能性がある.いつ来るのか.何が起きるのか.どう備えるのか.第一人者 が語る.
 

『コーヒーの科学』旦部幸博著 講談社 本体価格:1080円

毎日のコーヒーがおいしくなる!最先端の科学が解き明かす味と香りの秘密や家庭でもできる上手な淹れ方、意外な効能などを紹介。
 

『岩波データサイエンスvol.2』岩波データサイエンス刊行委員会著 岩波書店 本体価格:1389円

ことばをコンピュータで扱う自然言語処理は人工知能の側面も持ち,ネットワーク上の電子的言語データの増大に伴ってめざましい発展を見せている.機械翻訳からロボティクスに至るまで,その適用範囲は幅広い.第2巻では,謎に満ちたこの分野の最新技術について解説し,その可能性と,何が真の問題であるかについて探る.
 


 
数学ランキング

『連接層の導来圏に関わる諸問題』戸田幸伸著 数学書房 本体価格:3000円

1960年代にGrothendieckにより導入された連接層の導来圏の概念.
この20年間のめざましい現象を解説し, 問題・予想, 今後の方向性を提示.
 

『周期と実数の0−認識問題』吉永正彦著 数学書房 本体価格:2500円

――美しい世界観へ――
Kontsevich-Zagierの予想は本質的に「二つの周期が与えられたときに,
それらが等しいかどうかを判定できるか?」という0-認識問題に対して
「積分の変形で移りあうかどうかを見ることで判定できる」という主張を
するものである. ----まえがき から
 

『幾何学2ホモロジー入門』坪井俊著 東京大学出版会 本体価格:3500円

図形を分類し,その多様性を知るための手法であり,現代の幾何学を学ぶうえでかかせないホモロジー理論.本書はその基礎からていねいに解説する教科書である.図版も豊富に掲載し,読者の理解を助ける.また,詳細な解答の付いた例題・問題も多数.
 
 
 
【物理ランキング】

『宇宙の誕生と終焉』松原隆彦著(名古屋大学理学研究科准教授) SBクリエイティブ 本体価格:1000円

不可思議だからこそ、宇宙に惹かれるのだ!!
宇宙論を専門とし、サイエンスZERO「徹底解説! “宇宙の果て”に迫る」にも出演した新鋭の著者が、宇宙の始まりから終わりまでを、ストーリー仕立てでわかりやすく解説。テレビでは語られなかった宇宙のさまざまな謎や疑問、そのすべての解答がこの本に!!
 

『量子の逆説』細谷暁夫著 日経サイエンス社 本体価格:2000円

新たな式を得て進化する不確定性原理,二重スリット実験の最高峰である遅延選択量子消去,見えない量子世界を見る弱値など,量子力学における基礎問題の「今」を知る一冊。これまでとは違う“量子コンピューター”の一種として注目を集めるD-Waveマシンや,2012年ノーベル物理学賞を受賞したワインライド博士によるイオントラップ量子コンピューターの解説も収載しました。表紙の「見返り猫」のイラストの原案は,編者の細谷暁夫氏。
 

『物性論ノート』佐藤憲昭著(名古屋大学理学研究科教授) 名古屋大学出版会 本体価格:2700円

今度こそ納得! 振動・波動の基礎から、磁性や超伝導などの多体効果に至るまでを、大胆な構成と、類書にはない記述で解説。物理系や電気・電子系、物質・材料系学生など、初学者のつまずきに対する絶妙なフォローで、物性論の精髄をマスターする一冊。
 
 

 
【生命科学・地球科学ランキング】

『南海トラフ地震』岩波書店 本体価格:780円

南海トラフ地震.それは,日本列島の宿命ともいえる地震だ.マグニチュード8~9クラス.今後三〇年以内の発生確率が約七〇パーセント.日本の経済と社会 の中枢を直撃する巨大地震は,ひとたび起これば未曽有の大災害をもたらす可能性がある.いつ来るのか.何が起きるのか.どう備えるのか.第一人者が語る.
 

『日本海その深層で起こっていること』蒲生俊敬著 講談社 本体価格:860円
実は「謎だらけの海」だった!
独自の海水と循環構造をもち、厳寒の冬にだけ起動する“造水装置”をも備える。
調査航海歴40年の第一人者が謎解きに挑む。
なぜ、世界中の海洋学者が注目しているのか?
わずか8000年前まで“死の海”だった日本海。
生命の宝庫へと変貌した背景には、最下層にひそむ、厚さ1000メートルにおよぶ「謎の水」の存在があった。
この海特有の海水は、なぜ生まれたのか?
そして、環境変化を先取りする「ミニ海洋」の異名をもつこの海に、いま生じつつある大きな異変とは?
「母なる海」の知られざる姿を解き明かす、海洋科学ミステリー。
 

『実験で使うとこだけ生物統計2』池田郁男著 羊土社 本体価格:2700円

いわれるがまま検定法を選んでいませんか? t検定など2群の比較から多重比較,分散分析まで多くの研究者がおさえておきたい検定法を厳選.細かい計算ではなく統計の本質をつかみ正しい検定を自分で選びましょう!
 
 

 
【化学ランキング】

『免疫が挑むがんと難病』岸本忠三著 講談社 本体価格:1080円
外からの侵入者だけではなく、「内なる敵」がんや難病にも、免疫はここまで戦える。
『現代免疫物語』『新・現代免疫物語』を超えて、さらなる驚異の世界へ!
樹状細胞による「抗原提示」、制御性T細胞や免疫チェックポイント分子による「免疫寛容」――。
ノーベル賞級のこれらの発見がパラダイムシフトとなり、いまや免疫療法は、
がんや難病の治療においても「切り札」として期待されはじめている。
本庶佑、坂口志文、稲葉カヨらの活躍を追ううちに、免疫世界の最前線が一望できる傑作ドキュメント!
 

『ビジュアル化学』ニュートンプレス 本体価格:2593円
水や金属,私たちの体など,世界は,状態や性質のことなるさまざまな物質であふれています。
「化学」は,あらゆる物質の性質とその原理を研究する学問です。石油化学製品や,半導体をはじめとする精密機器,医薬品の開発など,現代の暮らしに化学が果たす役割は計り知れません。
本書は,イラストで学ぶ化学の入門書です。2013年1月に刊行されて好評を頂いたNewton別冊『すぐわかる! ビジュアル化学 改訂新版』を,さらに改訂し,充実させたものです。
あらゆる物質に共通の単位である原子の姿,炭素の生み出す有機化学のほか,元素の性質,物質の変化,化学変化について新たな章を設けて紹介しています。ぜひご覧ください。
 

『ウォーレン有機化学 上(第二版)』ジョナサン・クレイデン著 東京化学同人 本体価格:6500円

訳者のことばから:本改訂版では,内容のスリム化が図られ,一層魅力的な姿に変わった.いろいろな有機化合物の構造,反応,特徴的性質などの基本を理解し積み上げ展開して,理解を深め,広げてゆく方式がとられている.基本道具として,構造式とともに巻矢印を駆使して電子の動きを示して反応機構を説明し,読者の理解を助けている.これを修得すれば,未知の反応でも機構が書け,さらに新反応設計すらできるようになる.また,各種分光法によって有機化合物の構造を決めて事実に対する証拠固めをするなど,ふだんの研究と同じ手順を学びながら現代のこの分野の真骨頂である有機合成化学が自然に学習できるようになっている.全体として一貫性のある斬新な考え方が暗示されている.さらに,近年の有機化学の進歩,たとえば典型元素化学,有機金属化学,不斉合成,遷移金属触媒反応などを加えている.これらは第2版の最大の特徴であり,21世紀にふさわしい教科書に仕上がっている.
 
 


 
【情報ランキング】

『岩波データサイエンスvol.2』岩波データサイエンス刊行委員会著 岩波書店 本体価格:1389円

ことばをコンピュータで扱う自然言語処理は人工知能の側面も持ち,ネットワーク上の電子的言語データの増大に伴ってめざましい発展を見せている.機械翻訳か らロボティクスに至るまで,その適用範囲は幅広い.第2巻では,謎に満ちたこの分野の最新技術について解説し,その可能性と,何が真の問題であるかについ て探る.
 

『深層学習:Deep Learning』神嶌敏弘 近代科学社 本体価格:3500円

電気羊の夢を見させるための第一歩!本書は、この分野の最先端の著者らが、人工知能学会誌に掲載した連載解説を、大幅に加筆再編したものである。今までの到達点、今後の課題が、具体的な研究成果と共に書かれている。深層学習の理論・応用を、自らの研究に取り込むことを考えている読者には、まさに必携必読の書籍である。
 

『データサイエンティスト養成読本 機械学習入門編』技術評論社 本体価格:2280円

ビッグデータ分析をきっかけとして「機械学習」に注目が集まり,ビジネス利用への検討がはじまっています。しかし,実際に「機械学習」を理解しているエンジニアや分析担当者は少なく,うまく活用できていないのが現実です。「機械学習」を利用するにはアルゴリズムの理解,プログラミング技術,ビジネス知識などが必要になってきます。本書では,第1部で機械学習のアルゴリズムやビジネスへの応用方法,流行の深層学習などに触れ,第2部ではPythonを用いた機械学習,画像認識,推薦エンジンなど,サンプルコードをもとに手を動かして試すことができます。機械学習分野で先頭を走る著者陣が,面白く,わかりやすい解説でお届けします。
 
 

 

TOPへ戻る