ニュース&トピックス

12月売上ランキング|Booksフロンテ|ニュース|Booksフロンテ

【物理・数学】フロンテ人気理工書売上ランキング!

【12月】フロンテ 理工書売上ランキング(※採用品除く)
物理、数学書を中心にフロンテ理工書人気ランキングを毎月ご紹介します。


【物理】
①『半導体量子輸送物性』培風館
本体¥3600-(税込¥3888-)

近年急速な発展を遂げた半導体デバイス物理のなかから、
特に量子論、多様体の意味で一般生が高く重要な成果を、
量子輸送現象の分野に限り、初学生向けに有機的かつ体系的な知識として
提供することをめざした入門的解説書。







②『今度こそわかるファインマン経路積分』 裳華房
本体¥3000-(税込¥3240-)

天才ファインマンが作り上げた、「経路積分」により、量子論は飛躍的に進展した。
この画期的手法を、物理的意味を重視してやさしく解説する。
従来のどの本を読んでもわからなかった読者の再入門に最適の書。





③『物理学ミニマ』名古屋大学出版会
本体¥2700-(税込¥2916-)

大学で学ぶべき全分野をコンパクトに凝縮!
物理学体系を一望でき、大学院入試のための参考書にも最適。






【数学】
①『多様体の基礎』東京大学出版会
本体¥3200-(税込¥3456-)

多様体は、現代数学の中心的な概念のひとつである。
本書は初めて多様体を学ぶ人のためにも
なるべくわかりやすく記述するという立場を貫き、
扱う題材も基礎的なものに絞ってていねいに解説した。
応用をめざす人にとってもさらに高度な理論をめざす人にとっても好適。



②『不完全性定理』共立出版
本体¥4500- (税込み¥4860-)

専門的な予備知識は仮定せずに、完全性定理や計算可能性から論じ、
第一および第二不完全性定理、Rosserの定理、算術の超準モデルなどを紹介。
不完全性定理の数学的意義と、その根源にある哲学的問題を説く。





③『関数解析』共立出版
本体¥4900-(税込¥5292-)

関数解析の基本事項を豊富な具体例を挙げつつ懇切丁寧に解説。
初学者への配慮が至るところに行き届いており、関数解析事始に最適。











過去のランキングはこちらからご覧ください。
◎2014年11月
◎2014年10月
◎2014年9月
◎2014年8月
◎2014年5月
◎2014年4月
◎2014年3月
 

TOPへ戻る