ニュース&トピックス

10月売上ランキング|Booksフロンテ|ニュース|Booksフロンテ

【物理・数学】フロンテ人気理工書売上ランキング!

【10月】フロンテ 理工書売上ランキング(※採用品除く)
物理、数学書を中心にフロンテ理工書人気ランキングを毎月ご紹介します。


【物理】
①『トポロジカル絶縁体入門』講談社
本体¥3600-(税込¥3888-)

注目の新物質「トポロジカル絶縁体」の専門書。
トップ研究者が、「基礎理論」から「トポロジカル超伝導体」までを丁寧に解説。
量子力学・固体物理学のおさらいも充実。この1冊ですべてがわかる。






②『間違いだらけの物理学』 学研マーケティング
本体¥1400-(税込¥1512-)

太陽がブラックホールになったら、地球はのみ込まれるのか…。
いざ聞かれてみるとわからなかったり間違ったまま認識していることが多い物理の原則。
世間にはびこる、科学にまつわる都市伝説を一刀両断する。







③『幾何光学の正準理論』日本評論社
本体¥3900-(税込¥4212-)

正準形式の幾何光学---そのシンプレクティック構造を分かりやすく説明。
変分原理としてのフェルマの原理の物理的意味を解明。









【数学】
①『数学ガールの秘密ノート 数列の広場』SBクリエイティブ
本体¥1400-(税込¥1512-)
 
「僕」と3人の数学ガールが、数列の謎と魅力に迫る、
トキメキの数学トーク、第4弾。
オセロゲームを使って数列を実際に体験したり、
グラフを使って数列を見る方法を学びながら、数列の不思議な性質が明らかになる。





②『不完全性定理』共立出版
本体¥4500- (税込み¥4860-)

専門的な予備知識は仮定せずに、完全性定理や計算可能性から論じ、第一および第二不完全性定理、Rosserの定理、算術の超準モデルなどを紹介。
不完全性定理の数学的意義と、その根源にある哲学的問題を説く。






③『岡潔多変数関数論の建設』現代数学社
本体¥2300-(税込¥2484-)

多変数関数論の分野において多大な業績を残した岡潔。
高校卒業程度の数学の知識を持つ読者のために、岡理論を中心に技術的な細部にはなるべく深入りせず、岡潔がどんな発想で主要な問題を解決したかを物語風に語る。






過去のランキングはこちらからご覧ください。
◎2014年9月
◎2014年8月
◎2014年5月
◎2014年4月
◎2014年3月

 

TOPへ戻る