環境問題の取り組み

はじめに

名古屋大学では「一般廃棄物」の処理に関して、名古屋市や、学内で定められたガイドラインに基づき、様々なゴミの減量化、回収、再利用・資源化等、適切な処理が行われています。

生協でも、大学に協力する形で、様々なゴミの回収、再利用、再資源化、減量に取り組んでいます。
年2回のキャンパスクリーンディにも取り組んでいます。

また、2011年4月より学内の禁煙の取組が始まりました。指定喫煙場所以外は禁煙となります。こうした取組の推進も図っております。

1 飲料缶、ペットボトルの一元回収

集積所

全学から集められた缶、ペットボトルがこの集積所に集められ、生協の提携会社がリサイクル工場に運びます。

生協の店舗内のゴミ箱、生協が設置している自動販売機利用の缶、ペットボトルは、毎日自主的に回収、処理をしております。それに加え、外からの持ち込みや、生協以外の運営者が設置した自販機の缶、ペットボトルで学内の共通ゴミ回収容器に排出された分も、大学の環境指導員によって集積場に集められ、仕分けされます。

その全ての缶、ペットボトルを生協の取引先の会社の協力を得て、再資源化のために工場に運んでもらっております。それらの費用は生協が負担しております。

2010年度はおおよそ277万本の缶、ペットボトルを回収、再生化したこととなりました。

2 学内古紙回収→トイレットペーパー化の取組

大学内で消費される古紙、紙類のうち、コピー用紙、シュレッダーゴミ、再生可能な紙切れなどの学内拠点回収を行っております(鶴舞、大幸キャンパスを含む)。それらを製紙問屋に運び、最終的には学内で使用するトイレットペーパーに再生する循環ルートの一部を担っています。

現在はシュレッダーの機械にかける作業は、大学の業務支援室の職員が作業しておられます。生協は古紙等を回収し、シュレッダーにかけられた古紙等の製紙問屋への配送、各部局からのトイレットペーパーの受注、それに基づく発注、各部局への配送業務を請け負っております。

年間で約162トン(2010年度実績)の古紙等を回収し、再生に繋げております。

3 牛乳(飲料)紙パックの回収

牛乳パック回収箱

牛乳パック回収箱(北部厚生会館1階)

現在は北部厚生会館に回収ボックスを設けて回収を行い生協によるリサイクルのルートで資源化を行っています。

お願い
  • 紙パックは必ずきれいに水洗いをした上で、開いて重ねて下さい。
  • 内側が銀コーティングされているものは資源化できませんので、混在させないで下さい。

4 レジ袋有料化の取り組み

レジ有料化ポスター

レジ有料化ポスター

名古屋市のレジ袋6億枚削減の取り組みに協力する形で、名古屋市と協定を結び、2010年10月よりレジ袋を有料化して、レジ袋削減の取り組みをしています。

有料化にあたり、マイバッグを作成し、組合員のみなさまに無料配布する取り組みを行いました。

当初からレジ袋削減にむけた取り組みにはみなさん大変協力的で、開始した2008年10月でも97.7%のレジ袋お断り率でした。2011年7月では99.0%のお断り率になっています。

5 購買店舗等での自家製弁当の容器回収

リリパックの回収箱

リリパックの回収箱

生協食堂では、自家製弁当を調製し、学内の購買店舗にて販売をしております。その弁当容器は「リリパック」という名称で、弁当箱の表面にフィルムが貼ってある特殊な容器です。

食事後、そのフィルムを剥がすと下の容器はきれいなまま回収できます。

その容器を回収して製造元に送り返すと、汚れがないので溶解して容易に新たな弁当容器に再生されます。

これらの回収箱を各購買店舗等に置いて回収しております。

2010年度は38%の回収率でした。当面、50%の回収率を目指して回収箱の設置場所を増やすなどで回収率を上げていきます。

利用者の皆さんも回収にご協力をお願い致します。

6 省エネの取組

北部購買の省エネグッズコーナーの一部(写真は研究室などに設置する消費電力計)

北部購買の省エネグッズコーナーの一部(写真は研究室などに設置する消費電力計)

2010年から大学のEM研(エネルギーマネジメント研究会)に参加させて頂き、名古屋大学のCO2削減の方針や具体的な施策を学び、生協での取組に活かしております。
主に、

(1) 生協の各事業所、自動販売機等の、電気を中心としたエネルギー削減、CO2排出削減の取組

(2) (主に)学生に対する(生協発行冊子等を通じての)省エネの啓発活動

(3) 購買店舗でのPC関連商品の省エネに役立つ商品の紹介、販売を行っております。
今後、様々な取組を検討し、進めていきます。組合員の皆さんからの提案を歓迎致します。

7 禁煙場所での喫煙防止の取組

大学の入口など、至る所に立てられています。

大学の入口など、至る所に立てられています。

禁煙場所であることを示す大学のポスター

禁煙場所であることを示す大学のポスター

2011年4月から大学の禁煙化(一部指定喫煙場所を除く)が東山キャンパスで始まりました。生協の事業所近辺は全て禁煙化されたのに伴い、該当場所での喫煙防止の呼びかけを進めております。